高級な香水と安い香水の違いとは?後悔しない選び方もご紹介!

香水は同様の香りのものでも、値段の幅が非常に広いのが特徴です。

では、なぜこのように同じ香水でも値段に差が出てしまうのでしょうか。

そこにはきちんと理由があります。

単にブランド物が高いと言うことでもないので、選ぶ際にはきちんとポイントを押さえて選ぶことが大切です。

と言うことで今回は、高級な香水とリーズナブルな価格の香水の違いについて紹介していきます。

これから香水を選ぶという人も、ぜひチェックしてみてください。

香水の値段を分けるポイント

香水の値段は安いものであれば数千円、高いものだと10万円を超えるものもあります。

香水の価格が違うのには、以下のような理由があるのです。

賦香率

賦香率(ふこうりつ)というのは、「香料をアルコールに溶かした割合」のことです。

賦香率が高いということは溶かしている香料の濃度が高いということであり、より鮮明に香りやすくなります。

そのため、香水としての値段が上がりやすいのです。

賦香の高さによって、香水は「パルファム」「オードパルファム「オーデトワレ」「オーデコロン」に分類されます。

パルファムか最も賦香率が高いため、香水としての値段が高くなるのです。

香料のグレード

香水には、使われている香料も様々です。

人工的な香料であれば安価で作ることができるため、原価もかからず香水の価格も下がります。

しかし天然の香料は特定の場所からしか採取できないこともあり、香料自体の値段もアップ。

その結果、その香料を使用した香水の値段が上がるのです。

天然香料の中でも、より希少なものを使った香水は10万円を超えることもあります。

天然香料は人工香料よりも自然に香るので、香水としての香りのバランスも整います。

香りのオリジナリティ

香水は他に似たような香りの製品があると、希少価値は下がります。

逆に、その製品でしか感じられないような香りが楽しめる香水は、価値が上がります。

その結果、香水の値段もアップするというわけです。

セレブ御用達!おすすめの高級香水

ここからは実際に、おすすめの香水を紹介していきます。

まずは、海外セレブが愛用している高級な香水についてチェックしてみてください。

クリスチャン ディオール/ミス ディオール ブルーミング ブーケ

ピンクとリボンが乙女心をくすぐるデザインの、こちらの香水。

クリスチャン・ディオールの看板商品で、高い人気を誇ります。

可憐な花々の香りを凝縮しており、つけた瞬間、ふわっと華やかに香るのが魅力です。

トップにはベルガモットの爽やかな香りが広がり、ミドルノートではピオニーヤローズのフローラルな香りに変化。

最後は清潔感のあるホワイトムスクの香りでまとまります。

エルメス/ナイルの庭

created by Rinker
HERMES(エルメス)
¥14,229 (2022/09/26 11:47:28時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは人気ブランド「エルメス」から販売されている、爽やかな色合いが特徴の香水です。

香りの持続はやや短いですが、フレッシュで爽やかな香りを楽しむことができます。

トップノートには、グリーンマンゴーやロータスフラワーなどのフレッシュな香り。

続いてイグサやシカモアウッドなどのウッディな香りに変化します。

最後はイリスやシクラメンウッドなど、深みのあるウッディノートでフィニッシュ。

青葉のような、優しいグリーン調の香りが好きな人におすすめです。

シャネル/チャンス オー タンドゥル

シャネルの香水の中でもトップクラスの人気を誇るのが、チャンス オータンドゥールです。

全体的にバランスがよく、上品な女性らしい香りでどんなシーンでも使いやすいのが魅力。

男性からの評価も高く、デートにもぴったりです。

トップノートにはグレープフルーツのフレッシュな香りが広がり、ジャスミンやヒヤシンスといった上品な花々の香りに変化。

最後はアイリス、ムスク、アンバーの柔らかく上品な香りでまとまります。

クロエ/クロエ オードパルファム

created by Rinker
Chloe(クロエ)
¥8,770 (2022/09/26 11:47:31時点 Amazon調べ-詳細)

高級ブランド、クロエのオードパルファムは、見た目からしてリッチな雰囲気を感じられます。

同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇り、根強いがファンも多いのが特徴。

香りの持続力もあり、朝つけて出かけても夜まで香りがほんのりと残ります。

トップノートは、ピオニーやライチのフレッシュで優しい香り、ミドルノートではローズやマグノリアの女性らしい香りに変化します。

そして、アンバー、シダーウッド、ムスクの落ち着いた甘さのある香りでラストを迎えます。

イヴサンローラン/モン パリ

created by Rinker
Yves Saint Laurent(イヴサンローラン)
¥15,493 (2022/09/26 11:47:32時点 Amazon調べ-詳細)

燃え上がる恋心をイメージして作られた、モン パリ。ボトルも可愛らしく、乙女心をくすぐるデザインとなっています。

トップノートはストロベリーやラズベリーなどの甘酸っぱい香りで、恋の始まりを表現。

続いてホワイトピオニー、オレンジフラワー、ジャスミンサンバックがメインで香ります。

恋に酔いしれた後は、最後にパチョリリーフ、ホワイトムスクなどが色気を演出します。

高級香水の選び方

高くてなかなか手が出せない高級な香水。

買って気に入らなかったらと思うと、ためらってしまうこともあるでしょう。

高級な香水を後悔なく購入するためには、ミニサイズのボトルを購入するのがおすすめです。

香水は容量が様々ありますが、大きめのボトルの製品は、なかなか使い切れません。

もし自分の好みと違った場合、高い値段で購入して結局無駄になってしまう…ということも。

ミニサイズのボトルを購入してまずはお試しの感覚で使ってみましょう。

手軽に使える!おすすめの安い香水

ここからは、手軽に手に入る安い香水のおすすめを紹介していきます。

オゥパラディ/フルール オードパルファム

オゥパラディのこちらの香水は、奥ゆかしさを表現したような、控えめながらも芯のある香りが特徴です。

ネロリとジャスミンをメインにしたフローラルな香りが、優しく広がります。

清楚な香りで使いやすいので、様々なシーンで役に立ちます。

ボトルサイズは15mlと30ml、レフィル60mlの3パターンから選ぶことが可能。

使用頻度に合わせて選ぶと良いでしょう。

サルヴァトーレフェラガモ/インカントチャーム

created by Rinker
SALVATORE FERRAGAMO
¥2,966 (2022/09/26 11:47:33時点 Amazon調べ-詳細)

中高生に絶大な人気を誇る、インカントチャーム。

フレッシュな中に甘さの残る香りは万人ウケするので、女性だけでなく男性からも人気があります。

爽やかで使いやすいので、クセのある香りが苦手な人にもおすすめです。

トップノートにはパッションフルーツやハニーサックル。

異国情緒漂う香りで、気分も切り替えられます。

ミドルノートにはジャスミンとオスマンローズの華やかな香りが広がり、アミリスウッドとホワイトムスクの優しい香りに包まれます。

フィアンセ/パルファンドトワレ ピュアシャンプー

created by Rinker
フィアンセ
¥1,980 (2022/09/26 15:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

フィアンセのパルファンドトワレは、清潔感のあるピュアシャンプーの香りが特徴です。

優しい香りなので、学生にも大人気、2,000円ほどで購入できるので、お試しや香水初心者にもぴったりです。

トップノートには、グリーンアップルとレモン。

続いて、ジャスミンとミュゲの優しいフローラルな香りに変化します。

最後はムスクとウッディーの奥ゆかしい香りを楽しむことができます。

マジョリカマジョルカ/マジョロマンティカ

人気ブランド「マジョリカマジョルカ」から販売されているこちらの商品は、甘くロマンティックな香りが特徴です。

赤い果実をメインとした甘くフレッシュな香りと、可憐なブーケ、スイートなメープルの香りが楽しめます。

一般的な香水のようなスプレー式ではなく、スパチュラ式で直接肌につける珍しい形式、スリムでコンパクトなので、持ち運びにも便利です。

甘い香りが好きな人には、特におすすめの香水です。

オハナマハロ/オーデコロン ピカケアウリィ

created by Rinker
OHANA MAHAALO
¥1,870 (2022/09/26 11:47:33時点 Amazon調べ-詳細)

華やかでお洒落なパッケージが魅力の、こちらの香水。

恋の始まりをイメージして作られたピカケアウリィは、ピカケ(ジャスミン)の華やかでフルーティーな香り。

また、柔らかいバニラの香りが優しく混ざり合います。

コンパクトなサイズで持ち運びもしやすいので、お出かけの際にも便利です。

10〜20代に人気の香水で、フォーマルでもプライベートでも役立ちます。

プチプラ香水の選び方

プチプラ香水は1,000以下で購入できるものもあり、学生にも人気です。

しかし、あまりチープなものを選ばないように注意しなければなりません。

安い香水は賦香率がさほど高くないものが多いため、香りの持続は高級香水に比べると短め。

それでも、オーデパルファムのように可能な限り賦香率の高いものを選びましょう。

また、人工香料でなく、できる限り天然の精油を使っているものがベスト。

天然香料使用の香水はナチュラルに香るので、安くても良質なものが多いです。

同じブランドの同じ製品で価格が違うのはなぜ?

香水を探す際に気になっている人もいるでしょうが、同じメーカーの同じブランド、同じ商品なのに価格が異なるものがあります。

これは、なぜなのでしょうか。

並行輸入品・正規輸入品

日本国内で流通している香水には、「並行輸入品」と「正規輸入品」の2パターンがあります。

一般的に並行輸入品の方が、正規輸入品よりも安価で販売されています。

並行輸入品というのは、円高時に輸入した商品を販売するので、原価を抑えて安く売ることが可能です。

一方の正規輸入品は、ブランドのイメージや価値を維持するため、日本での販売価格が一定に定められています。

そのため、値下げがしにくく正規の販売と同様になります。

並行輸入品の方が安く仕入れられてお得に思えますが、中には偽物も紛れ込んでいるので、注意が必要です。

輸入後の経路による違い

香水は、卸売業者によっても値段が変わってきます。

どんな経路で輸入されてくるのかによって間に入る業者や仲介者の数も変わります。

仲介業者が増えれば、その分手数料なども増えるのです。

また、品揃えが多く卸売業者から安価で商品を仕入れられているお店は、仕入値を抑えて価格を下げることができます。

ただ、正規の値段と比較してあまりに安い場合は注意が必要。

何年も前の商品を扱っていたり、偽物だったりするケースもあります。

まとめ

今回は、高級な香水と安い香水の違いについて紹介してきました。

同じ商品でも、仕入れの方法や輸入時の業者の数によって販売価格は変化します。

できる限り安く手に入れたいという人は、色々比較してみると良いでしょう。

ただ、安すぎる場合は偽物などのリスクがあるので、しっかりと見極めなければなりません。

高級な香水にも安い香水にも、双方に魅力はたくさんあります。

大切なのは、自分がどんな目的で使いたいのかということをはっきりさせること。

ぴったりな香水を選んで、香りをもっと楽しみましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA