ミステリアスで清楚な「シプレ」の香水とは?

「シプレ」はシトラスと「オークモス(苔)」の香りがベースの香りの種類。

どの香りがシプレにあたるのか、難しく思ってしまうかもしれませんが、実はおなじみのあの香水も「シプレ」なのです。

では、どんな香りが「シプレ」と言えるのでしょう。

今回は、シプレの香りの特徴と代表する香水をご紹介します。

シプレとはどんな香り?

「シプレ」は、1971年にフランスの香水会社「Coty社」が販売していた「シプレ」という香水が由来となった香りの種類です。

ベルガモットなどのシトラスの香りをベースに「オークモス」の香りを組み合わせていて、幻想的な雰囲気が特徴。

「オークモス」とは、樫の木に生えるコケから作られる香料のことで、湿った土や木のような香りがするので、シトラスと合わせるとミステリアスな印象になります。

奥深い香りで、清楚な雰囲気も演出できるでしょう。

シプレの香りの香水

シプレの香りの香水の代表的な香水をご紹介します。

ゲラン ミツコ

シトラスの香りにオークモス、というシプレらしい香りにピーチのフルーティさを加えたのがゲラン ミツコ。

複雑な印象の香りですが、神秘的で力強い香りです。

1905年の日露戦争時代の、叶わぬ恋をテーマにして作られた香水なので、その物語を感じられるでしょう。

ミツコは1919年に発売されましたが、当時は女性が社会進出し始めた頃。

当時の女性像を表しているこの香水は、現代で頑張る女性にも通じるものがありそうです。

グッチ ラッシュ2 オードトワレ

created by Rinker
GUCCI(グッチ)
¥11,380 (2022/09/26 10:16:53時点 Amazon調べ-詳細)

トップノートはスズランの香りが印象的な爽やかなグリーンフローラル。

ミドルノートにムスクやローズが香り、色気のある印象になります。

そして、ラストノートはシプレ。

ミドルまではムスクの印象が強めなので、オークモスの香りで落ち着きをプラスして、上品で温かみのある色気のある香りに仕上がっています。

仕事ができそうな雰囲気の香りなので、オフィスに向いている香りでしょう。

もちろん、デートなどでも使えるので、これ1本でさまざまなシーンで活躍すること間違いなしです。

ミス ディオール オードゥパルファム

ミス ディオールは、1947年に発売された歴史の長い香水ですが、実は2012年にフルリニューアルされました。

トップノートはレモンやマンダリンやオレンジなどのシトラスの香り、ミドルノートはグラース産ローズやダマスクローズ。

ラストノートにローズウッドやパチョリが香ります。

優雅でほど良い甘さの香りで、現代らしい解釈を加えたシプレの香りと言えるでしょう。

カルバンクライン CK one

created by Rinker
CALVIN KLEIN(カルバンクライン)
¥3,549 (2022/09/26 18:19:11時点 Amazon調べ-詳細)

男女ともに人気のカルバンクライン CK oneも、香りの種類で言えばシプレに分類されます。

トップノートは酸味や苦みをしっかりと感じられるシトラス、ミドルノートはローズなど、ラストノートにムスクやアンバーの優しくて清潔感のある香り。

爽やかでカジュアルな香りなので休日にぴったりです。

Tシャツやデニムなどのワンマイルファッションでも、この香水をつけたら、リラックスムードのオシャレさを演出できます。

クロエ ロー オーデトワレ

created by Rinker
Chloe(クロエ)
¥5,191 (2022/09/26 10:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

クロエ ロー オーデトワレは現代的なシプレの香りの代表です。

トップノートはグレープフルーツやライチ、ミドルノートはダマスクローズやマグノリア。

ラストノートにオークモスやアンバー、ムスクなどが香ります。

ダマスクローズのクロエらしい香りとオークモスの相性がよく、自由で輝く女性にぴったりの香水です。

どういった人におすすめか

シプレは中性的な香りです。

ミステリアスな雰囲気を持っているので、男性も女性もこの香りをつけることにより、独特の個性を出すことができます。

まとめ

シプレは歴史のある香りなので、古めかしいイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、現代らしい、今だからこそのシプレを各ブランドが打ち出しています。

個性があり、ミステリアスなこの香りを使いこなす上級者になりましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA