色気のある大人にふさわしい「オリエンタル」の香水とは?

「オリエンタル」と聞くと、エキゾチックな香りをイメージしますが、具体的にどんな香りが「オリエンタル」と言えるのでしょう。

今回は、オリエンタルの香りの特徴と代表する香水をご紹介します。

オリエンタルとはどんな香り?

「オリエンタル」はその言葉通り、エキゾチックな香りの種類のことです。

その中には、具体的に3つの香りの特徴があります。

❶スイーツや蜂蜜のような濃厚でまったりとした甘い香り
❷お香や樹脂などの樹木を原料とした神秘的な香り
❸コショウ、ナツメグ、クローブなどのスパイスの香り

「オリエンタルノート」がこの❶~❸のいずれかに分類されるのではなく、それぞれが混ざった複雑な香りになっていることが多いです。

ちなみに、香りの種類の「オリエンタル」は、欧米目線なので、中近東をイメージしています。

重厚感があって重みのある香りで、色気のある雰囲気を持っています。

高級感があるので、パーティーシーンに似合うでしょう。

日本でのオリエンタルノートのイメージは上級者向けですが、だからこそ、さりげなくつけていると印象アップできますよ。

オリエンタルの香りの香水

オリエンタルの香りの香水の代表的な香水をご紹介します。

トム フォード チャンパカ・アブソルート

トム フォードが好きな東南アジアに咲く希少な花「チャンパカ」の香りが中心のフローラルオリエンタルの香水です。

チャンパカは、イランイランに似た香りで甘くて色気のある香り。

そこに、コニャックやブランデーなどのお酒の香りを加えています。

それにより、魅惑的でセクシーな香りになるのです。

重みのある香りなので秋冬向けかと思われそうですが、ラストノートのグリーンの香りが爽やかなので、夏の夜にも似合います。

ラルチザンパフューム/アンバーエクストリーム

東南アジアのお寺をイメージするようなエキゾチックな香りが特徴です。

格調高いサンダルウッドやアンバーの香りをベースに、スモーキーな香りややバニラ、ナツメグやペッパーなどのスパイスの香りをプラス。

癒やしを感じる優雅な香りです。

色気だけでなく、知的な雰囲気もあるので、ビジネスシーンにも使えます。

主張し過ぎないので、オリエンタルノートの香水初心者の方にもハードルが高くないでしょう。

シャネルココ ヌワール オードゥ パルファム

「漆黒と光が醸し出す美」を、香りで具現化したシャネルココ ヌワール オードゥ パルファム。

トップノートはベルガモットの洗練した香り、ローズやゼラニウムの香りを経てパチュリやトンカビーンのミステリアスで神秘的な香りに移っていきます。

大人の女性にぴったりの香りでしょう。

ブラックのボトルがスタイリッシュなので、インテリアにもなります。

ブルガリ スプレンディダ ジャスミン ノワール

created by Rinker
BVLGARI(ブルガリ)
¥11,380 (2022/09/25 21:34:27時点 Amazon調べ-詳細)

男女ともに人気のラグジュアリーな香りの香水です。

ジャスミンがメインの香りですが、トップノートにグリーンやカシミアウッドを使っているので重すぎないところが特徴。

全体的に、お香のような落ち着きのある香りです。

天然香料を贅沢に使っているので、香りからも高級感が漂っています。

ゲラン シャリマー

ゲラン シャリマーは、1925年に発売された長い歴史のある香水です。

香りのテーマになっているのは、インドのタージマハルの庭園「愛の宮殿」。

ベルガモットやローズ、ジャスミン、バニラ、と濃密で魅惑的な香りが広がります。

この香水をつけているだけで、極上の気分にさせてくれるでしょう。

どういった人におすすめか

オリエンタルの香りは、好き嫌いの分かれる香りではありますが、色気や重厚感のある香りなので、大人の魅力を引き出してくれると言えるでしょう。

パーティーシーンや夜のデートに特にぴったりの香りです。

まとめ

オリエンタルは、欧米から見た東洋をイメージしたエキゾチックな香りです。

重さのある香りなので、つける量には要注意ですが、大人っぽさを演出したい時につけてみましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA