香水は季節で使い分けられる!おすすめの商品もご紹介!

お気に入りの香水はずっと使っていたいものですが、同じものを使い続けていくと、飽きてしまうことも。

一年通してフレッシュな気持ちで香水を楽しむためには、季節で使い分けるのも一つの手段です。

ということで今回は、香水を季節によって使い分ける方法について紹介していきます。

季節で香水を分けるとおしゃれ

香水を季節によって使い分けると、おしゃれな印象を受けます。

では、四季に合う香水はどのようなものがあるのでしょうか。まずは選び方についてチェックしておきましょう。

春向けの香水

女性の場合、春の花の香りを使った香水を使うと、季節感をまとうことができます。

例えば、すみれ、スイセン、フリージアなど。男性の場合は、清潔感のあるミントやシトラス系がおすすめです。

夏向けの香水

夏には、海を連想させるマリン系の香水がよく合います。

また、シトラス系や石鹸系などの香水も、女性におすすめ。

また、フゼア系などの爽やかな香水も夏の雰囲気にぴったりです。

秋向けの香水

少し肌寒くなってくる秋には、温かみのある香りがおすすめ。

女性の場合はカーネーションやローズなどのフローラル系の香りを選びましょう。

男性の場合は、ウッディ系ヤシプレー系、スパイス系などが良いでしょう。

冬向けの香水

冬は寒さが本格的になる時期。

甘めで重みのある香水を選ぶと、冬の季節をもっと楽しめるでしょう。

女性ならバニラやムスクなどの香りが良いでしょう。

また、男性の場合はモスやシダなどの香りもおすすめです。

春におすすめの香水

華やかで温かな気分になれる、春におすすめの香水を紹介します。

Sakura/Dior

名前の通り、桜の香りが楽しめるこちらの香水。

Diorの調香師が、来日した際に日本の桜二インスパイアを受けて作成したと言われています。

ローズをメインに、スミレやミモザのふんわりとした香りが重なり、フローラルで華やかな香りが魅力です。

つける際の注意点

春は空気が乾燥しやすく、香りも飛びやすい時期です。

香水を適度に香らせるために、この時期は少し多めにつけても大丈夫です。

通常は6時間くらい経ってからつけ直すのがべたーですが、この時期は香りも飛びやすいので、少し早めにつけ直すのもありです。

夏におすすめの香水

夏になったら、爽やかな香りの香水がおすすめです。是非チェックしてみてください。

ライトブルー/DOLCE&GABBANA

フローラルフルーティーの爽やかな香りが、夏場にぴったりの香水です。

シチリア島のミカン科のシトオン、そしてグラニースアップルがフレッシュに香ります。

また、花々やバンブーの香りも加わり、香りにアクセントを加えています。

created by Rinker
ドルチェ&ガッバーナ Dolce Gabanna
¥9,500 (2022/09/26 02:05:42時点 Amazon調べ-詳細)

つける際の注意点

夏場は湿気が多く、蒸れやすい時期。つけ方は普段通りでも良いのですが、つける場所には気をつけましょう。

蒸れやすい場所につけてしまうと、汗と混ざって香りが変化しやすくなってしまいます。

手首などの蒸れにくい場所につけるのがおすすめです。夏場は体温も上がりやすいので、少ない量でも香りはたちやすいです。

秋におすすめの香水

秋には温かみのある香りがおすすめなので、是非チェックしてみてください。

エゴイストプラチナム/CHANEL

香水に定評のあるシャネルから販売されている、エゴイストプラチナム。男性用の香水ですが、女性でもつけられます。

甘めの香りなので、肌寒くなり始める秋にもぴったりの香り。香りが強めなので、ワンプッシュでも十分香ります。

created by Rinker
CHANEL
¥19,000 (2022/09/26 02:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

つける際の注意点

秋吐きこうも落ち着き、体温の変化もありません。そのため、普通につけてもOKです。

重めの香りの香水が合う時期なので、つけすぎには注意が必要です。

つける量は春・夏と比較して少し少なめにしましょう。

冬におすすめの香水

冬場は甘めの香りの香水がよく合います。おすすめの香水を参考にしてみてください。

モンゲラン/ゲラン

「私のゲラン」という名前からもわかるように、自分らしく生きる現代の女性にぴったりの香水です。

香りのノートは、フルーティーフレッシュオリエンタル。スパイスが聞いていて、少し大人っぽい香りが魅力と言えます。

ペアーとシトラスが融合した爽やかな香りの後に、ラベンダーとジャスミンがふんわりと広がります。

ラストにはバニラとサンダルウッドの深みのある香りがまとめ上げ、バランスの良い香りに仕上がっています。

created by Rinker
ゲラン
¥15,420 (2022/09/26 15:58:49時点 Amazon調べ-詳細)

つける際の注意点

冬場は体温が上がりにくいので、香水の香りも立ちにくい時期。

そのため、春同様に少し多めにつけても大丈夫です。

香りが下から上にふんわりと上がっていくので、手首だけでなくひざ裏などにプラスでつけても良いでしょう。

体につけにくい時には、上着などに軽くつけておくのもおすすめ。脱ぎ着する時に、ふんわりと香ります。

まとめ

今回は、香水を季節で使い分ける方法と、おすすめの香水について紹介してきました。

いつも同じ香水を使うのも良いですが、たまには気分を変えて、違う香水にチャレンジしてみるのもおすすめです。

季節ごとに香水を変えることで、シーズンごとに新鮮な気持ちで過ごすことができます。

お気に入りの香水が増えていくと、それだけで楽しくなっていくものです。

今回紹介した製品をチェックして、香水の使い分けにチャレンジしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA